無料アクセス解析

openbveのダウンロード・セットアップの方法

openbveはセットアップの方法がなかなか難しくわかりにくいので、ここでわかりやすく(つもり)解説します。

@ まず右のロゴをクリックしてopenbve本体をダウンロードします。    



A 下の画像の赤丸のdownloadをクリックし、任意の場所に保存し、解凍します。(今回はドキュメントに保存しています)
   



B 解凍したファイルの中身が下の画像のようになっていればダウンロード成功です。
   



C 次にOpenALをインストールします。ここをクリックしてOpenALをダウンロードし、解凍します。



D 解凍するとoalinst.exeが出てきますので、クリックします。


E 画像の順にインストールを進めます。
  
→→→



F OpenAL32.dllとwrap_oal.dllをダウンロードしてきたopenbveのフォルダにコピーします。
   ここでは、絶対に切り取り使わないでください。パソコンが動作しなくなる恐れがあります。
   必ず、ファイルの上で右クリック→コピーを選択してください。ドラッグ&ドロップも怪しいので使わないようにしましょう。

   OpenAL32.dllとwrap_oal.dllがある場所は、マイコンピューター→ローカルディスク(C:)→Windows→System32(C:\Windows\System32)の中です。
   ※64bitOSもSystem32
   Vista,7を使ってる方は、右上の検索機能が便利です。


G 上の二つをコピーすると画像のようになるはずです。
  



H 次にTao Frameworkをダウンロードします。ここに置いておきましたので、ダウンロードしてください。
   「taoframework-2.1.0-setup」をクリックし、解凍し、中のexeファイルを実行します。
  
    ↓
  
    ↓
  
   「Finish」が出るまでNextを押し続けます。そして、Finishを押してインストール完了です。



I インストールされたフォルダ(大体はC:\Program Files\TaoFramework 64bitOSはC:\Program Files (x86)\TaoFramework)nの中の
   binフォルダから、Tao.OpenAl.dll Tao.OpenGl.dll Tao.Sdl.dllと
   libフォルダから、alut.dll SDL.dll SDL_mixer.dllをFと同様にopenbveのフォルダにコピーします。
   ここでも絶対に切り取りは使わないようにお願いします。
  
   コピー後は、このようになるはずです。


J いよいよ起動です!openbveのフォルダの中の「OpenBve.exe」をクリックすると問題なく起動するはずです。
   起動しなければ、もう一度最初からやり直す必要があります。
  

   このように無事起動すればセットアップ完了です。お疲れ様でした!


不明な点や、リンク切れ等がありましたらお問い合わせ窓口からお願いします。

inserted by FC2 system